錬武舘について

館長の紹介

日本空手道錬武舘 二代目館長 内藤昭一


内藤 昭一 プロフィール

日本空手道錬武舘八段

日本空手道錬武舘最高師範

春日部市空手道連盟特別顧問 

全日本硬式空手道連盟技術顧問

略歴

昭和29年 錬武舘春日部道場(春日部空手会)入門。田中毅一先生の薫陶を受け空手の修行をする。

 

昭和49年 公民館事業の一環とする空手道教室講師として活動。受講者からの強い要望を受け、錬武舘春日部道場内牧支部道場が発足。内牧空手会として活動を開始する。

 

内藤舘長の内牧小学校時代の担任であった恩師の関根東壱先生のご尽力により、内牧小学校体育館を解放して頂き、稽古場として活動することとなる。

 

昭和59年 内牧道場を建設し道場を移転

 

平成14年 日本空手道錬武舘舘長中村典夫が名誉舘長に就任。内藤昭一が日本空手道錬武舘二代目舘長に就任。

11月24日に舘長就任式が行われる。


日本空手道 練武館 系譜


松村宗棍(首里手)
糸洲安恒
遠山寛賢(修道館)
尹曦炳(韓武舘)
中村典夫(錬武舘)
内藤昭一(錬武舘)